アシスタント/Assistant 
矢野七海

出身地
福岡県
血液型
B型
趣味
音楽鑑賞
得意な技術
シャンプー

岩崎学園横浜fカレッジ卒業。
一度美容の道から離れアパレルへ転職した後にもう一度美容師へ戻りたいと思い2019年7月に上京しました。

なぜ美容師を目指すのか?

私は幼い頃からとても強いクセ毛で、中学2年生までは縮毛矯正をかけて過ごしていました。

でも、ある時、初めて担当してもらった美容師の方に「このクセは活かしてあげた方がいいよ」と言われて、初めて自分のクセに対する意識が変わりました。コンプレックスに思っていた自分のクセ毛が徐々に好きになっていったのです。

この経験が、私が美容師になろうと思ったきっかけでした。

クセ毛に限らず、お客様がご自身の髪について持たれているお悩みは様々だと思います。もちろん、矯正をすることもひとつの選択です。

ですが、持って生まれた髪質を活かすのも素敵なことだと思います。私が自分のクセ毛を好きになれたように、お客様もご自身の髪質を好きになれるお手伝いができたらと思っています。

今ではアシスタントとして働きつつ、お客様の髪質をしっかりと考え、活かせる方向のご提案ができるスタイリストになれるよう、日々心掛けております。

alonに入ったいきさつ

地元の福岡で東京のサロンを探していた私は、求人サイトから、下北沢や広尾などの様々なサロンにメールや電話で問い合わせをしました。

しっかりと話を聞いてくれ、対応して下さるサロンもあれば、やはり忙しさからあまり丁寧に対応してもらえないようなこともありました。

しかし、その中でもalonはとても丁寧な対応をしてくれました。丁寧なだけでなく、やり取りの中に温かみが感じられ、このサロンを見学してみたい、という想いが強くなりました。

alonに惹かれた理由

alonの面接当日。営業時間も終わりかけのころでした。まだお客様もいらっしゃり、お掃除などで忙しい中でしたが、お店に入った瞬間から皆さんが笑顔で話しかけて下さり、丁寧に店内の見学、説明をしてくださったことにとても感動しました。

実は、私は健康面から一度美容師を辞めています。その後アパレルで3年間働いており、そのブランクについて自分自身でもネックに感じていたのですが、alonの面接では美容師をやっていた期間だけでなく転職したアパレルのことなども沢山聞いてくれ、自分のことをしっかりと見てくれていると感じました。

温かい雰囲気と、真正面から向き合ってくださる姿勢にとても惹かれ、私もこの方達と同じ環境のもと、美容師を再スタートさせたいと強く思いました。

その後、アシスタントとしてalonに入り、シャンプーを任せてもらう中で、「”作業”をせず、お客様としっかり向き合うように」と言われたことが、とても心に残りました。

以前のサロンでは、とにかく回転率を上げること、効率的にシャンプー作業をすることを言われたものですが、それでは単なる作業になってしまいます。「シャンプーをする」のではなく、人としての大事な心配りをし、「お客様と向きあい、癒しの時間を提供する」のが自分の仕事なのだと考えが変わりました。

お客様に「矢野さんと話したいから来たよ」と思ってもらえるような仕事をすることが、今の私の目標です。

スタッフ募集中!
求人ページはこちら