スタイリスト/Stylist
小川綾子

出身地
東京都
血液型
B型
趣味
旅行・音楽鑑賞
得意スタイル
ミディアム・メンズカット

カウンセリングに時間をかけ、お客様の悩みに向き合いながらヘアスタイルをご提案し、施術していくことを心がけています。ご自宅でも再現性の高いカットを提案させて頂きます。お気軽にご相談ください!

Profile / プロフィール

中学生の頃、あるビジュアル系バンドを好きになったことが、ヘアメイクに興味を持ったきっかけでした。
バンドのメンバーが、音楽だけでなくヘアスタイルやメイクなどでも自分の作品の表現をしていて、曲によっても別々のキャラクターが作られていくことがとても面白かったのです。

また、私が通っていた地元の美容室に好きな美容師さんがいて、その人はいつも明るくておもしろい話をしてくれて、私も自分が担当するお客様を楽しませられるスタイリストになりたいと思いました。

その人がお店を辞める時に手紙を送ってくださったのですが、そこにはいつものような感じではなく、
「より厳しい環境になるかもしれないけど今後ヘアメイクの道にチャレンジしていくこと」
「サロンでの経験や私と出会ったことも感謝している」
といったことが書いてありました。美容に向き合い真摯に努力している職人の部分の姿を感じた文章が心に残っています。

今考えると、その美容師さんが私の美容師としての最初の目標になっていたように思います。

その後、高校生になって進路を探していた時に美容専門学校があることを知り、体験入学しました。 実際に髪の毛をいじってみてとても楽しく、美容業界に進むことを決めました。

alonで働く理由

alonに入るまでに六本木などの2店舗で働き、フリーターを経た後、alonに入りました。

2店舗目は100名くらいの大きなサロンでしたが、かなりの激務に体調を崩してしまい、一時休職もしました。
復帰後、私のやりたい美容師のあり方、サロンの形などがそのサロンとは合わないなと感じ、美容師という職からも離れることにしたのです。

私が思うサロンのあるべき姿は、お客様の喜ぶことを常に1番に考えられる、そんなスタッフ一人一人が働いているサロンです。
以前のサロンは、サロンの売上を伸ばすことや組織の上の人に喜んでもらうようなことを中心に話し合うミーティングや、1人でも多くをこなすための方法を考えることに意識が向いてるような感じで違和感がありました。

もちろんお客様を多く迎えられるようにスタッフのキャパを広げることは大切ですが、一人一人のお客様に向き合う時間まで削ってしまってはいけないと感じていました。スタイリストになってからは特にその思いが強くなり、自分はこのサロンのやり方には向いてないかもしれないと感じ始めました。

その後、フリーターを経験し、やはり接客も好きだし、美容の現場にまた立ちたいと思い、チャレンジできるお店お店を探していた時、知り合いの人に紹介してもらってalonに入ることになりました。

即戦力を必要としていたので、ブランクのある私は最初は自分に自信が持てず、とにかくネガティブになりがちでした。しかし、オーナーが時に厳しくありながらも、「私の不安を取り除くために、何が必要か?」を常に考えながら、自分と向き合うことを大切さも教えてくれました。

お客様のこと、スタッフのことも思ってくれてる、そんなオーナーなのでalonで働いていけると思っています。

今はスタイリストとして、とても充実した日々を送れています。

スタッフ募集中!
求人ページはこちら